2020/01/17

都合三回の経験がある。二回はバックで一回は普通に前進中。ぶつけたことはないが車止めのブロックは乗り越えたことがある。

koutsu_jiko_car_man

全て現実にはアクセルを踏んでいるにも関わらず脳内ではブレーキを踏んでいるつもりになっている。よって瞬間的にあれ?ブレーキを踏んでいるのに止まらないぞ、おかしいという感覚は得られるが、ブレーキを踏んでいるつもりなのでさらに強く踏み込むことになる。結果、アクセルがさらに踏み込まれて問題がおきるわけだ。

とりあえず、発生するタイミングは現在の運転動作と別、もしくは次の動作のことを考えている状況で発生した気がする。バックの時は周りで人や自動車が移動中のときがありそれに気がとられている時に発生したっぽいのが一件、完全に運転以外のことを考えていた(停車したあとのこと)が一件、前進中は非常に見通しの悪い駐車場で曲がる時に視界に気を取られすぎたのが一件。なんというか、ADHD とまでいかなくてもどうもふと何かに集中してしまうとそれ以外の事を忘れてしまうときがある。

マニュアルであれば停車するときはクラッチを切るから急加速することはない。まあ止まらなくても進んではいくだろうけど。ギア位置の認識ミス、アクセルブレーキの踏み間違いではなくコンビニなんかで発進時になぜか店舗に突っ込むあれもいわゆる自動運転の技術がもっと進化すれば、車の姿勢、動作状況に対してアクセル操作が異常であるとの判断ができそう。
人間は、あれ?とは思ってもすぐにアクション中の動作を停止するのは難しく、新たに別の動作、できれば別の部位による動作で制動できればわりといいんじゃないかなあ。世の中でいわれている急加速対策、ちょっとずれている気がするけど新しい車についている自動ブレーキ相当だと思えば悪くはない。個人的な提案として、ハンドル周辺などに急制動スイッチをつけるのも解決策になると思う。

(18:30)

コメントする

名前
 
  絵文字