ゲーム

2020/03/16

最近コードヴェインとかフォートナイトとかアクション要素の強いゲームばかりやっていて疲れているので何か JRPG がやりたいと思って中古屋に飛び込んだら目に付いたのが「二ノ国 2」。ドラクエ 11 のあとでそこそこ話題作だったはずということでプレイしてみた。

figure_rpg_characters

まとめると、良作。


検索上位のレビュー記事をいくつか読んでみたところ、人によって多少差異はあるようだがまあ似たような感想なのかな。

『二ノ国2 レヴァナントキングダム』感想:良ゲー以上神ゲー未満 [omoson.com]
クリア後の感想と評価: 二ノ国2 レヴァナントキングダム (AVG 4.8点) [game-hashirigaki.site]
「二ノ国2 レヴァナントキングダム」クリア後感想・評価 [www.0gamer.net]

以下個人的な感想。あしからず。

JRPG といっても古き時代のコマンド式ではなくいわゆるアクションバトルのような方式で、現代においては普通。俺はターン性みたいなののほうが好きではある。半分"ながら"でやりたいんだよなあ。
絵作り、よいと思う。3D モデルいまいちとの評も多いがだいたいのイベントシーンでしっかりジブリ感のある絵になっている。モーションも雰囲気あってよい。まあもちろん、種類がもうちょっと欲しい気はするし一部違和感のあるところもあるけど。 CV の演技も評価良くないようだけどこれぐらいの感じが逆に良い。やたらうまい声優があててしまうとジブリ感が薄れるし、声質というか出し方がアニメになると雰囲気がかわってしまう。それよりもフルボイスにできなかったのが失敗。音楽は文句なし。戦闘時の SE はもっときついというか派手目のがよいかなあ。シナリオは全ての人が言う通りであまり印象に残るところがない。全体的な流れにどうもしっくりこないのはなぜなのだろうか。

システム面では多少評価が割れている気もするが、総じて製作期間かかるだけの要素はある。つか詰め込みすぎなんじゃ。やり込み要素しかないぞ。

戦闘システム周り。アクション自体は難易度低め。画面はごちゃつきがちでもフニャの仕組みは面白いしパーティメンバーの AI も優秀なので苦労はしない。あと遠距離攻撃がわりと強めなので遠くからぺちぺちしてても大丈夫。低レベルクリアなどのやり込み時はバトルイコライザーが活躍。面倒でも戦闘ごとに確認すると難易度が変わる。まあこれに依存していると、会話イベントから流れで入る戦闘時にぐえっとなる。あとはステータス補助系のアイテムも豊富にあってこれがあるとないとでも楽さが変わる。使用中のメンバーがやられても待機メンバーはニヤニヤしているだけで飛び出てきてくれない。入れ替えシステムがないのは謎。操作キャラは最終的に6 人から 3 人を選ぶかたちで特に強制はなく自由にはできるが、武器種類が近距離 3、遠距離 3 で個性に乏しい。魔法も存在するが、設定枠が 4 しかないためキャラ固有技のほうが強くてほぼ空気。もちろん属性あわせてやれば大ダメージではあるけど習得もレアアイテムが必要で大変だし後述するフニャのサポート魔法で用が足りる。完全にとってつけたような魔法の振り分けはやめて、全員自由に習得可能でよかったんじゃ。別に個別モーション増えるとかじゃないんだし。本作特有の仕組みはフニャという妖精を 4 人?までパーティに参加させられるところ。固有キャラで集めるだけでも相当な手間がかかるというか、全部でどれくらいいるんだろうか。一応全部個別にパラメータを持っていてレベルがあり、使用する技?とか魔法も種類がある。つーかフニャソロッタとか何。

おそらく最大の売り?のキングダムモード周り。シム系っぽいけれど街のデザインは決まっているのでイメージ的にはプラモデル作成、もしくは塗り絵。経営要素はなく、とにかく人を集めて施設をたてて研究する。人集めに手間暇がかかるところがやり込み要素。ただ、大半がサブクエに依存するのでゲームが進行しないと街も発展できないようになっている。自由度は低めになっているが、もっと自由に街を作れるようにするか、ゲーム進行とともに自動的に発展するかのどちらかに振り切った方がよかったと思う。人のランクアップも手動でやる意味がわからないし、一覧のソートもしくは検索がないので後半の作業はだるくなりがち。

本作最大の問題と思われる進軍バトル周り。全然やる気がなかったのか、やろうとして諦めたのか、どうにも半端。もっと戦略っぽいことをしたいしじっくりやらせてほしい。まずレベル。なんで進軍バトル固有のレベル、しかもキャラ別にしてしまったのだろうか。色々な組み合わせを試すにはレベル上げから始める必要があってメンバーを固定せざるを得ない。サブクエの適正レベル表記はメインキャラのレベルなんだけど、進軍バトルとは全く関係がないので参考にならない。操作キャラが主人公のみ、というのは一万歩譲ってよいとしてせめて隊列と陣形は必要だろう。なんでないんだ。結果的に乱戦にしかならないためどうあがいても近接キャラ以外出番がなく、遠距離キャラがふびんでならない。一応いいところもあげておくと、大号令発動すると無双感あって少し楽しい気がしないでもないかもしれない。まあ、個人的に言いたいのは、、ヘックスのターン制じゃだめだったんですかねという一言。

ゲームデザイン全般。
子供から大人まで、普通にクリアなら 40 時間、やり込むなら 100 時間は遊べるというまさに JRPG ど真ん中。大量のサブクエでメイン進行以外にもやることがあり、またそれは一部を除いてやらなくても進行上問題がない。難易度も低めで大抵は詰まらずにクリアまでいけると思う。いいんじゃないかなあ。いわゆるクリア後ダンジョンもあるし、PS4 でいうトロコンはかなりの労力がいる。まあただまだ見ぬ何かを追い求めるというより、決まったパズルのピースを探して完成を目指す感じのやり込み系。あと上でも書いた通りイベントシーンはもっとしっかりしてフルボイスにしないと違和感がある。ユーザ入力待ちのあるところとないシーンの違いがよくわからない。
そして成長の物語になぜヒロインがいないのか。これは逆にこだわりなんだろうなと思うし、聞いてみたい。この物語に華がないのはそういうところもあるのでは。ボーイミーツガール、王道には欠かせないと思う。とはいえエバンきゅん推しなところもわからないではない。


ここまで割と厳しいコメントばかりしたがまあ、絵から入る人なんで雰囲気は好きだしレベルファイブさんはこれに懲りずに脚本監督をなんとかして続編やって欲しいなと。以上、トロコン率 57 % からの感想。

(17:00)

2019/11/28

この数日、目覚ましのようなビープ音が聞こえる。なんだろう?と探してみるも、近づいて探すと音がしなくなって原因不明で困っていた。今朝ついに傍で鳴るのを確認し、これはどうやら PS4 じゃないかと気づいて電源引っこ抜いたのちググってみると昔からある超有名な不具合らしい。安全性に影響はない?夜中やら朝やらに目覚まし並みにしつこくなるんだから健康害はあるだろうし、リコールしてないのはソニーの怠慢だろう。決してソニーの売りポジ持っているのに下がらなくてイライラしているから言っているわけではない。詳細はこのへんなどにもある通り、ディスク排出のボタンが静電容量式でそれが誤動作してしつこく排出ボタンを押されている認識になるためビープ音が鳴るらしい。あほか。後期型ではこっそり物理式のボタンにかえたようで、そもそも最初から UX としてクソなのわかるだろと言いたい。こういう操作のフィードバックがないのはだめだってば。東京にいたころは全く問題なかったから環境のせいもあるのだろうか。今更初期型の対応をする人もいないだろうが、このような作業を行うとメーカー保証の対象外となるので自己責任でどうぞ。

20191127_193518

Newseego トルクスドライバーセットT3 T4 T5 T6 T7 T8 T10 精密 ヘックスローブ レンチセット いじり止めネジ対応 星型 特殊ドライバー 磁石付き Mac book HDD解体 ナイフ修理工具-7本組

ケースを開けるにはトルクスドライバーが必須。T10 までのはあったのに T8 ということでわざわざホームセンターに行って買ってきた。

20191127_194610

日東 アセテート粘着テープ NO.5 19mmX20m 黒 5-1920

車で配線束ねたり絶縁するのに使う絶縁テープがあったのでこれを使う。静電容量の変化を検知するチップを蓋できればいいので通常のビニールテープでも問題はないと思われる。

20191127_194600

ぱかっと開けるとこんなのが付いているので、

20191127_194659

こうする。めっちゃ雑。

20191127_194934

びしっとケース戻して完成。分解については youtube にたくさん動画があるのでそちらを参照されたし。なおこの対応をした場合、上で紹介したブログ記事にもある通りハードウェアのイジェクトボタン機能は無効化される。PS4 メニュー画面で操作すれば問題ないし、そもそもダウンロード以外でゲームを買うことがない俺には全く影響がない。

(17:30)

2019/07/21

20190721_093116

何がイケイケヒューヒューなのか、時代を感じる適当さ。残念ながらゲーム自体はどこにもなかった。代わりに見つけたのがこの MSXFAN の小冊子。このゲームの何がすごいかというとなんかもう忘れちゃったけど、turboR は cpu が R800 になったのもすごい!って話だけど当時はビデオコントローラみたいな呼び方してた画像処理チップが新しくなったことでスプライト周りでだいぶ出来ることが増えたのが個人的には一番かなあ。もちろん音周りも FM 音源+ PCM 音源で和音数も増えた記憶。MSX2 の時は PSG + FM 音源が三音だったような。

閑話休題。

詳細はこちらのウィキペディアで。持ってたのは turboR 専用版で、とりあえず目いっぱい性能引き出せたんじゃないかという傑作。アクションということもあってボリューム自体はたしか数時間でクリアできる程度だったはず。

20190721_093553
20190721_093541
20190721_093529
20190721_093516
20190721_093458
20190721_093437
20190721_093413

最後のボスのバランスがゲーム下手としては絶妙。今時の FF14 みたいなのに比べればかなりぬるい。

20190721_095048



(09:50)

2019/07/19

なんじゃこれ。全く記憶にない。ビデオデッキなんて当然ないから確認のしようもないし、保管状況からして磁気とんでそうではある。ELF の紹介ビデオらしい。

20190718_093217
20190718_093210



(09:13)
FDD のドライブベルトさえ交換できれば他に問題ないので動くんだけども。買い取り業者に出したけど、一式まとめて、という評価はしてもらえないと思うから面倒でもメルカリのが幸せだったかもしれない。この MSX 自体と冊子の今後という意味で。

20190718_095613

これこそバッ活読者以外まず知らないだろうと思われる逸品。

20190718_093551

ぼんやりしか覚えていないが、当時の FDD コピー防止技術は物理的なものと論理的なもの二つがあった。物理的なのは、本当にディスク面の一部に穴があいていてそこをドライブヘッドが通るとエラーになる。論理的なのはそこまでやらずともトラックのメタ情報と実際に書き込む位置を変えて書き込み、普通に読み書きしても正しい情報が取れないようになっていた。まあつまり用意されたファイル操作ライブラリを使わず、FDD の低レベル API を直接叩かないとだめということで、それをしてくれるのが本ソフトウェア。 

おまけ。唯一パッケージのあったゲームはこちら。

20190719_084652




(08:59)