ギャンブル

2019/11/17

予想

予想以上にスタートが平和でペースはスロー、俺のペース予想は外れたけど世の中の皆さんが考えていた通りかな。マイスタイル枠も内だからいけたらいくんだろうなとは思っていたけど。田中勝騎手も G1 久しぶり?だよねたぶん。掲示板なら上等、でも直線の動きみると勝ちたかっただろうなあ。

さて勝ったインディチャンプは同一年春秋マイル制覇ということで強かった。下りで先頭集団が厚くて後方勢がだいたい外回したのに先行勢と脚色が変わらず、結果、前で競馬した実力馬が無難に来た感じ。ペルシアンナイトも道中中団のいいところで回ってきて直線向いたら前がきれいに開くという、完全に " 持ってる " 展開。ダノンプレミアムはこういう星の下に生まれたとしか。川田騎手も今日の競馬だとあれ以上どうにもならなそうだ。

人気の一角、キングリーは最後の直線で伸び負けしてるし足りなかった感じ。アルアインはムーア騎手が前行けないと見てあえて下げたのかな。いいところがなかった。クリノガウディーは完敗。勝ち馬と同じような競馬したかったはずだけど。ルメール騎手は今日の流れで大外回したらそれは無理ってもの。同じく後方待機だった武騎手は珍しく?外に振らずに内で回ってきて、ちょうどペルシアンナイトが抜けていったあとを追って真ん中に突っ込んでいった。上手い。

四角のポジションが大きく着順に影響した感じで、結果も思ったよりタイム差がある。インディチャンプもダノンプレミアムも大崩れしない競馬だし、固い決着も納得。そう思って三連複メインにしたんだけど配当を見ると馬単をメインにするべきだったというのだけが反省点。

(18:32)

2019/11/16

芝の古馬混合のマイル G1 は東西に一つずつ、春の安田記念と晩秋のマイルチャンピオンシップがある。昔は安田記念は芝状態や天気が良くないことが多くてタフなレースで、マイル CS は時計勝負の高速決戦のイメージだった。けど近年は府中の馬場がやばいくらい速いのもあって安田が時計勝負でマイル CS が序盤中盤終盤と隙がないよねだけどおいら負けないよ的レースになることが多い。そして今週はおそらく良馬場、実力差がほぼないといっていいメンバーが揃った。枠や展開、そして本当に運が左右することになる。

◎ インディチャンプ
〇 ダノンプレミアム
▲ レイエンダ
△ ダノンキングリー
△ ペルシアンナイト
△ ダイアトニック

買い目は三連複◎-〇▲△厚め、馬単◎-〇▲裏表。
グァンチャーレがハナの展開にはなるはず。その後ろのポジション争いは激しいので読めないが、枠でいったらインディか。多分マーフィー騎手はまず前目、スタート次第ではルメール騎手も前だと思う。雰囲気的にはスロー予想が多い中、昨年よりは速い時計になると思っていてミドルペースの 31 秒台、上りは 33 秒後半から 34 秒前半の想定。ダノンキングリーの評価を下げたのは古馬マイルの激流でも果たしてあの脚が使えるのかわからないから。逆にルメール騎手のレイエンダは終い確実で俺の好みというのもあるけど鞍上と合わせると必ず最後絡むと思うので評価を上げた。あと死んだじいちゃんの遺言に " 大外の外人は買え " というのもある。ペルシアンナイトは先週の話じゃないけど実績馬なので、ダイアトニックはたぶん厳しいけど終いがあるのでヤネ次第。

切った馬の評価として、まずアルアインは切れ味で劣るので今の京都良馬場だといらない。昨年一番人気のモズアスコットは元々過剰評価だと思っているので思い切って消し。鞍上は卒なく乗れるので怖いといえば怖い。個人的にちょっと迷ったのが藤岡祐騎手のクリノガウディーで、自在性があり終いも使えそうだけど流石にまだここでは力不足かなと。

ちなみにスロー後傾ラップの 1 分 33 秒台ならば終いは 32 秒前半でキングリー軸がよさそう。よーいドンになると内枠のがポジションとるのに有利だからという理由。いずれにしても上位 8 頭ぐらいまでは 0.2 秒ぐらいに収まりそうで難解なレース。


(16:30)

2019/11/10

予想はこちら

dogeza_businessman

あの、とりあえず、予想は外したけど馬券はとった(小声)。本命をサラキアからクロコスミアに変えた時点で三連単マルチに変更したんだけど予想を更新し損ねた。馬単も裏買ってしまいました大変申し訳ございません。点数がかなり増えたし福島と東京メインはしっかり外したから勘弁してほしい。


さて。

スタートはまずまず予想通り、と思いきやデムーロ騎手がハナいく勢いでびっくり。無理する必要もないので控えたけど、あれは狙っていたのか"出ちゃった"のかどっちだろう。いずれにせよ先行勢は後ろにいる想定のド本命が前にいることで仕掛けどころが難しくなった。おかげでクロコスミア藤岡祐騎手は余裕のペースでこれはもらったんじゃね?と正直思ったら最後、スミヨン騎手はさすがだなあ。上り最速をここしかないコース取りでぶちこんできて綺麗に差し切り。いやー、あんなに切れる脚が使えるとは。逃げたクロコスミア含む 4 頭が 34 秒台、残り 13 頭が 33 秒台の中、ただ一頭 32 秒台。見事。

一番人気のラヴズオンリーユーは最後久しぶりで甘かったのかなと思ったら数字見るとほぼほぼ実力出しているように見える。デムーロ騎手の奇策がなくて後ろからならどうだったかは神のみぞ知る。上位ではルメール騎手の馬が予想外で思ったより強いなと思いつつ、岩田騎手のスカーレットはうーん、他馬と脚色同じになってしまったのは実力、なのかなあ。ポジションは前目でも今回のレースのペースだともっと切れると思っていた。穴でねらっていた浜中騎手、これは順当な結果だな。




(17:27)

2019/11/09

今はヴィクトリアマイルがあるのでそうでもないが、元々牝馬最強決定戦。ものすごく個人的なイメージでは京都より阪神のほうが似合うとずっと思っている。なんでだろな。2200m という絶妙な距離は宝塚記念と同じだが、そちらほど馬場が悪い時期ではないのであまり荒れる印象はない。マイラーは流石に厳しいけど追い込みなら展開次第ではなくはないぐらい。ただし勝ち馬は好位から押し切るのが多い印象。今年は良馬場で 3 歳中心も古馬は経験の差を見せたいところ。時計は 3 歳も優秀なので果たしてどうなるだろうか。

◎ サラキア◎ クロコスミア
〇 ラヴズオンリーユー
▲スカーレットカラー
△ ラッキーライラック
△ クロノジェネシス
× ミスマンマミーア

一発勝負予想。なので買い目は三連単◎流し〇▲△×、馬単◎-〇▲は裏表、◎-△は表のみ。
展開は藤岡祐騎手の単騎逃げ、ミドルペース予想で四角前で先行勢は消耗しきって厳しくなったところ差し馬が襲ってきたんだけどあっ!前にもう一頭いたわ!という希望的観測。時計自体は 2 分 12 秒台、終いは 34 秒台の想定で上り最速は 33 秒後半だろうと。普通に考えるとデムーロ騎手の馬が時計も優秀で負けそうもないし、出馬している中の古馬大将格ラッキーライラックも鞍上強化で今一つ足りないところを補強してきて固いと思う。が、差し馬だろうと思っているので終い堅実の岩田騎手と足りなそうだけど関西の浜中騎手はやはり上手いので三着はもしかして。秋華賞馬の評価は、切れ味勝負になると足りないと見て軽視している。掲示板付近には来ると思うけどね。

Update!! 最初何が逃げるか馬柱睨んでてクロコスミアと外のサラキアで悩んで、個人的に外からかぶせて逃げるほうがなんか残る印象があったので当初サラキア軸としたがクロコスミアに変更。逃げて二年連続二着は軸以外買いようがない。

(18:44)

2019/10/31

タイトルいいたかっただけ。港町十三番地とは特に関係ありません。

NCM_0361

ボナ終了後 1 ゲーム目、妖怪一ゲーム遅いでもあり、50% のほむふり外れでもある。ちなみのこの後普通の青プッシュからの +50。要するに最低の引きを見せた中段チェリー。

NCM_0331

記憶が正しければこの一回しか見たことがない。全員集合画像はなぜかなかった。なんか多分ビッグで一番選択率が低いせいもありなかなか演出を見ていない。豪華宝箱から二人同時に飛び出してきたこともあって、さすがに貰ったと思ったら外したという。画像はない。曲は好きなんだけどなあ。

NCM_0787

結局一回しかフリーズ引けなかった。まあしかしこれは俺撤去まで引けない流れだなって思ってたので引けただけでも御の字。ちなみに推定設定 4 で夕方に引いて全然伸ばせず一撃 3000 枚ぐらいで終わった。ただ弱チェは弱かったから 2 も普通にある。午前中で直撃引いてモード移行いいとまあちょっとは期待する。


続編のまど 2 と 3、根本的にだめな点として設定 1 だと打てないってことなんだよなあ。初代ももちろん激辛だけど ART いれてしまえば 1000 枚は天国連でもいいしワルプルでもいいし、別になんとでも考えられる。まあラッシュ入らないんだけどさ。2 もまぎクエさえやれればってところだけど、まずボナが重いしクエ入らないんだよなあ。3 は論外で稼働がリゼロに戻りつつある感じ。設定があってもなくてもとにかく出ない。都会はともかく地方だとまじでジャグか沖スロ以外厳しくなってきた。動きが悪すぎる。困った。


(18:00)