ギャンブル

2020/01/28

20200127_163609

レバオンバイブとエアー付き。なぎさは青だしサブ液晶は緑だったんで強チェかチャンス目の当確かなと思ったら中段だった。撮れてないけどソウルジェムにあのなんか竜みたいなのでてて今思えば強いな。

20200127_163644

めでたくフリーズ。

20200127_171135

はい。

一撃で取る台ではないとはいえ、先日のスカガ 3 を経験するとやはりどうにも難しいな。一応前回よりは伸ばせた。

(18:00)

2020/01/25

年明け後二度目の実戦は天井ソニックを目指してスカガ 3 を初打ち。

よくわからない BIG MIDDLE BONUS とかいうなんじゃそれというボーナスで弱チェリーと思われるのから初 SDZ ゲットも駆け抜け終了。追い銭から今度は BIG BONUS を引くも SDZ ならず。なるほどなるほどこれは厳しい。100G くらいまわしたあたりでレア役色々まとめて引いたら南国?ステージに移行、高確率かな?と思ってたらベル揃いでフリーズして SDZ。最初に SDZ ランプ点灯して固まったからなんか偉いの引いたのかと思ったけどただの SDZ だった。よーし伸ばすぞーと思うも駆け抜け。。
次の CZ 外したら諦めようと思っていたら 150G ぐらいで多分チャンリプからと思われる警戒態勢ステージが刺さって MIDDLE BONUS。今度もレア役から SDZ ゲット、その後もう一回チェリー引くも特に演出なし。これが QUADRA スタートで首尾よく 140G の風神モード開始。幸先いいなと思っていたらボーナス中のチェリーも引っ掛かっていたかループしたかですぐに DELTA がでてきて +15G はいはいと思ったら V-1 MODE に上がっていた。ほほう。
そんで何回か DELTA 入れてたら

20200123_142348

ただの押し順ベルなんだけど。600 枚乗せってことになり最近まどマギ 3 しか打ってないんで久しぶりにテンションが上がる。この時点で獲得 900 枚弱、残りが 200G こえて完走いけんじゃねって LOCK 抜けたらソニックになった。なるほど。

20200123_144339

とりあえず伝統の筐体というか白ベースで一目瞭然なのは良い気がする。液晶演出はなかなかの使いまわしで KPE のやる気はあまりなさげ。細かい解析見てないけど SDZ 突入率と昇格率がどんなもんかで今後の稼働が決まるのでは。天井ソニックもあるし低設定でもワンチャンあると思えるレベルならバラエティの人気機種になるかもしれない。あとは 6 号機全般に言える話として、完走確定後の作業感はちょっと頂けない。

そして今ちょっと某掲示板のスレを見たところ天井ゲーム数に種類があんのか。リゼロみたいなモード管理ではなさそうだけどさて。つーかこれ薄いところとはいえ +300G あんのか!V1 以上なら一撃 1800 枚乗せは 2400 枚定量制とはいえ強烈。

(17:30)

2019/12/28

予想

はー、最後まで外れか。予想よりは上りが出ない日だったな。とはいえ時計はだいたい予想通り、展開もラインベックが前いった以外は予想通り。結果的に四着だし悪くはないんだろうけども。勝ったコントレイルは持ち味を出したというわけではなく、普通に回ってきたら頭だったような勝ち方。うーむ。二着のヴェルトライゼンデ、完全に切り捨てたが今日の馬場で外人ジョッキーが乗るとこうなるという見本のような。名前的にトライアル善戦マンの匂いがすごい。三着ワーケアもしっかり伸びてはいるけどどちらかといえばやはり鞍上の力か。そして冒頭の逃げた岩田騎手が四着。坂手前ですでにいっぱい感あった。まくり気味に押し上げていったオーソリティは五着まで。全馬とも回ってくるだけで必死というあたり、二歳馬だなあ。

府中や阪神は二歳も時計縮めてきたけど中山はなかなか。馬も速くなってきているけどそれ以上に府中や阪神が速くなってきているんだろうな。中山は変わらず今のまま我が道を行って欲しい。


ちなみに阪神最終ファイナルステークスは和田騎手から流してこれまた外れ。イメージ通りではあったけど最後足りなかった。武騎手乗れてるなあ。


(17:05)

2019/12/27

泣きのもう一勝負。有馬できれいに終わりたかったなあ。さて二歳に中山二千はそれなりにハード、コーナー四つというのも得手不得手が出やすい。どうやら天気は大丈夫で良馬場開催と思われる。皐月賞と同じ舞台でもあり昔からクラシック向けのレースと言われてきた。出走頭数はいつも少なく、今年はまだ揃ったほう。昨年の勝ち馬サートゥルナーリアに続くのはどの馬だろうか。

◎ コントレイル
〇 ラインベック
▲ ワーケア
△ ナリノモンターニュ
△ オーソリティ

買い目は馬連◎ - 〇▲、三連単フォーメーション◎ - 〇▲ - 〇▲△。
時計と競馬内容からこれはどうにも固い。わりと楽な競馬の素質だけで勝っている気もするが、福永騎手がどんだけへまをしても隙が無いように思う。定番のフン詰まりでもなければ楽勝かと。対抗はアパパネの仔と岩田騎手に託したい。前走休み明けで完敗したけどよい叩きになったはず。後方からの競馬を期待する。三番手評価はワーケア。鞍上が優秀すぎるけど後傾ラップのかなりゆるいレースしか経験がなく、右回り初というのもあってこの評価。ナリノは正直ヤネ。血統だけみればダートのほうがいいんじゃねってくらいの重さ。オーソリティは前走評価ではあるけど、出走馬をみればコース経験以外特にプラスではない感。

おそらくミドルからやや後傾のスローで 2 分 1 秒台、上りは 35 秒前後ではと。つまり例年通り。

人気どころできったのはまずブラックホール。北海道は芝が違うので評価が難しいのと、久しぶりだよねと。血統的にはど真ん中なのでなくはないと思う。あとはヴェルトライゼンデ、これは時計だけできり。配合的に中山あいそうではあるけど、兄弟で活躍したワールドほげほげは両方ともディープの仔。

(19:47)

2019/12/22

予想

クッソ悔しい。軸馬は間違っていなかった。ただ、三歳を完全に軽視してしまったのが敗因。というよりアーモンドアイに尽きる。直線全くいいところがなかったのは落轍したとかどこか故障したとかだろうか。色々な意味で無念。中山、2500、なのかなあ。

レースはアエロリットが気持ちよくいって 58.5 というのは最高。津村騎手はよい仕事できたと思う。スタートからリスグラが下げすぎかな?と思っていたら結果的には最高のポジションだった。

あとでパトロールみて追記予定
見たので追記。
ルメール騎手のレース後インタビューによれば特に故障ではないとのことでまず安心。距離なのかなあ。パトロールを見るとアーモンドアイもリスグラシューの横まで下がった時に内に入れられたのにあえて入れていない。外回っても大丈夫だという自信から包まれるのを嫌ったんだとは思う。まあ結果的に最後の坂で止まった感じだけ見れば内々を回ったところで伸びなかったんじゃないか。

ラップをみるとアエロリットが玉砕逃げをかましたせいでペースは締まったものになった。勝ち馬が上り最速 34.7 で 2:30.5 かあ。まさに全盛期を迎えたところで引退感がある。二着は中山巧者評のあるサートゥルナーリア。早め仕掛けから残したというか内のアーモンドアイだけ見ていったはずで、あれ?伸びてこないどうした?と思ったら外からぶち抜かれて???てなってそう。個人評では所詮は世代限定戦での実績と軽視してしまって早い段階で切ってしまった。三着ワールドプレミアは鞍上予定通りというか、追い出しのタイミング的にも着拾いにいってしっかり。さすが。四着フィエールマンは勝ちにいってるけどどうにも伸びなかった。なんだろ、坂が苦手ってことだろうか。キセキとシュヴァルグランは本当に枠が全てという結果。内で前目とれてればもっと上の順位だったと思われる。案外だったのがスワーヴリチャード。秋三走目でも G1 三つ目で見えない疲れみたいのがあったのか。うーん。

終いよければ全てよし、となるはずだったのに残念だ。昨年は同じように有馬を外して終戦を迎えたが今年はホープフルも状況が許せばやろうかと思っている。

(15:47)