競馬

2020/06/06

昨年はまさかのアーモンドアイ敗北となった安田記念。今年も強い面子が揃って馬場次第ではとんでもない時計がでそうだったけど、前日夜からの雨がそこそこの量になりそうで多分良馬場発表でもやや時計がかかるのではなかろうか。広い府中で紛れも少ないがやはり外枠は若干割引なところ、有力馬が内に集まってしまった。困った。

◎ アーモンドアイ
〇 ダノンキングリー
▲ ノームコア
△ ダノンプレミアム
△ インディチャンプ
△ アドマイヤマーズ

完全に人気サイド、トリガミ覚悟で仕方ない。買い目は馬単表のみ◎ - 〇▲、三連単軸一頭頭固定◎ - 〇▲△。

昨年の安田、負けたけど強かったので本命は自信のアーモンドアイ。有馬記念の敗因はひとえに距離だと個人的に思っている。初の中二週は不安でも出してくるってことはそういうことだろう。隣枠の壁職人が少し気になるがスタートで去年のようなことがなければ普通に好位から押し切って楽勝のはず。対抗は負傷から復帰の戸崎騎手とダノンキングリー。押し出されてハナいきそうだが順当ならミスターメロディの番手。持ち時計も文句はない。単穴はノームコア。中二週と厳し目のローテになるが自在性というか確かな地力と好枠なのでキングリーの後ろ取れるという予想から。一発あるとしたらこれ。紐は朝日 FS 勝ちの二頭と昨年の覇者とした。三頭とも実績馬ではあるが評価下げの理由は以下の通り。ダノンプレミアムは逆立ちしてもアーモンドアイに勝てないのは昨年の秋盾ではっきりしたし、インディは昨年あれだけ恵まれてタイム差ナシだし、アドマイヤマーズは香港で勝ってはいるが終いの切れ味を見ると府中マイルの古馬相手には足りないし。

時計は昨年よりは早くて 34.0 - 33.8 の上り最速 33.0 で 1:30.5 前後と予想。ダノンキングリーがいる以上緩くはならないというかアーモンドアイがそもそも好位でそういう競馬するはず。

人気どころをあらかた拾ったので切った馬で気になるやつはというとまずペルシアンナイト。終い堅実も使ってからじゃないか。昨年の高松宮記念勝ち馬のミスターメロディはもう 1200m 以外だめなんじゃ感。鞍上が思い切って乗れば面白いけどそういう騎手じゃないし。それから今年の高松宮記念二着で桜花賞も勝っているグランアレグリアは降着したとはいえ NHK マイルの脚がイマイチだし二歳時もあれなんで右回りのほうがいいんじゃないか、というのと枠。ダノンスマッシュも枠がきつい。鞍上が横山典騎手とかならハナに期待できるけど三浦騎手ではそういう騎乗はない以上買えない。アーモンドアイに何かあった場合は無心で終いに賭けるヴァンドギャルドが面白そうだけどまともな流れなら掲示板まで。

これでまた今年も隣がぶつけてきたらおじさん怒るでしかしほんま。

(17:00)

2020/05/31

予想

コントレイル強かった。あのスタートであの流れなら順当か。二着サリオスも。より一層無念なのが三着ヴェルトライゼンデ。まじか。切れ味不足として切ったらポジションよくて最後までしっかり走っていたね。。好枠を利してよい騎乗だったのが四着の坂井騎手。進路取りがスムーズ。

当日 8R の二勝クラスと同じようなラップになってしまった。後傾だとは思っていたけどスタートから緩すぎたなあ。36.8 - 34.3 の 2:24.1 、番手競馬のコントレイルが上り最速 34.0 で完勝。もうちょっとばらける流れだと思っていたのに。本命のヴァルコスは枠もあって仕方がないけど青葉賞と全く同じ騎乗で、それじゃあ足りるわけがない。工夫が欲しかったけど横山典騎手のような作戦でも最後は垂れていると思うから完敗だろう。対抗にあげたサトノフラッグもこれ以上の競馬は出来ないな。時計の読みは大体当たっていたけど展開がちょっと。

おまけの残念ダービーも外れ。

(17:30)

2020/05/30

無観客のダービー。府中 2400m は先週のオークスに続き良馬場での開催になりそう。歴史的な経緯により「運がいい馬が勝つ」と言われるが近年においてはもちろんそんなことはない。府中適性、距離適性、世代間の力量、右利き左利きの順で重要視する。府中適性とは簡単にいってしまえば長くいい脚を使えるということ。

◎ ヴァルコス
〇 コントレイル
▲ サトノフラッグ
△ ダーリントンホール
△ サリオス
 
買い目は馬単裏表◎ - 〇▲△、三連単軸一頭マルチ◎ - 〇▲△。

本命は青葉賞二着のヴァルコス。テンで行き脚が付かず後方からとなったが、勝ち馬が完璧な競馬だったのに対して向こう正面から押し上げて三角から大外を回して最後あの脚なら。もうちょっと内枠のほうが良かったといえばよかった。対抗はコントレイル。説明不要、世代上位で無敗の皐月賞馬。府中実績もあるが、距離適性でこの評価。単穴はサトノフラッグ。距離適性では一番ではという感じだが終いの切れ味が上位二頭に及ばないと見て。抑えはまずダーリントンホール。距離も大丈夫で今回は真ん中の枠な上に両隣が前に行く馬で多分前目につけるだろうという予想から。差し足比べは分が悪いので鞍上に期待。もう一頭は二歳王者サリオス。世代上位の力と府中実績から。コントレイル同様やや距離に不安がある。

何が何でもハナ、ぶっ飛ばすという馬はいないのでペースはすぐに落ち着いて後傾ラップだろう。近年でいうと一昨年のワグネリアンが勝った年 [netkeiba.com] と同じくらいか。36.0 - 34.5 上り最速 33.0 の 2:24.0 ぐらい。

切った馬でまずサトノインプレッサは距離も長いし脚も足りない。アルジャンナとワーケアは距離と府中適性でいえば買えるが、近走の相手関係を見ると力不足。つかワーケアまともな馬場で走ってなくてかわいそうなぐらいで、今回爆発の可能性もあるし人気があるのは分かる。そして皐月賞本命に推したヴェルトライゼンデは距離はいいけど府中だとどう見ても切れ味不足だろう。個人的には頑張って欲しい。皐月三着のガロアクリークはさすがに長いしそもそも皐月賞がばっちりはまった競馬だった。京都新聞杯勝ち馬のディープボンドは血統的に距離はよさそうでも終いが府中では足りない。迷った末に切ったのはマイラプソディ。距離はいいし終いもあるものの三歳になってからの近走がよくない。鞍上も怖いところだが相手関係も見て力不足と判断した。

おそらく夏競馬で入場解禁としたいのだろうけど密対策とりようがないよなあ。スタンド、パドック、建物内、全部厳しい。ほかの密な施設、例えばディズニーランドや USJ のようなところが再開したら参考にするしか。ただ競馬場って制御しやすい人の流れは発券機と払い戻し機の前ぐらいで、ほかは距離を保ってくださいとお願いするしかなさげ。あとは事前予約制での入場規制で人数抑えるぐらいだろうか。


おまけ
残念ダービーとして名高い目黒記念も。いやまあもちろん目黒記念自体は大変歴史のあるレース名であることは知っている。

◎ ルメール騎手
〇 デムーロ騎手
▲ 福永騎手
△ 三浦騎手
△ 武騎手



(17:00)

2020/05/24

予想

まずは松山騎手おめでとう。デアリングタクト完勝。妙なラップで後方勢はちょっと難しいのではというところで内からうまく中央に進路を取ってナイス騎乗だった。今日の勝ち方を見る限り距離は問題なさそう。二着のウインマリリンは鞍上も上手に乗ったしまあ最後交わされてしまったのは仕方がない。三着のウインマイティーも忘れな草の勝ちが実力だと示した。四着のリアアメリアは思ったより走ったというと失礼かもしれないが予想以上。五着のマジックキャッスルもしっかり。勝ち馬と直線で進路かぶって取れなかったようにも見えるのでロスがなければもっと伸びたかも。

本命のリリーピュアハートは 9 着。まあね、スタート遅れた時点で厳しいと思いつつ、最初の千はまずまず早かったからまだワンチャンあるかなーと思っていたのに三角で急にペースが落ちて馬群が固まってしまった。これは得意の壁だなと思った通り、期待に応える騎乗で直線勝負所で進路をとれずに惨敗。内々を回って押し上げたところまでは良かったけど一瞬の加速力はないだけにスムーズに進路取れなかったのが響いた。無念。対抗に推していたミヤマザクラは卒なく回ってきたけど普通に負けた感じ。つか戦前の予想通り後傾ラップになると上記二頭はきつい。

しかし千通過後が 12.7 - 13.0 - 12.6 かあ。スマイルカナの柴田大知騎手もここまで落とすつもりはなかったんじゃないか。35.4 - 34.2 後傾ラップで中だるみがすごかったから 2:24.4 の上り最速が 33.1。今日の馬場だともっと時計が出ていてもおかしくなかった。

終わってみれば無敗の牝馬二冠馬の誕生。今日の競馬はなかなか強かったのでこの先も楽しみだ。

(16:02)

2020/05/23

三歳牝馬限定の府中 2400m、オークス。馬券購入側としてはダービーの肩慣らし的な感じがあって、例年であれば気温の上昇とともにテンションもあがってきているあたりだが今年は気温もテンションもいまいち。ただ近年ではダービー以上の時計で決着することが多く、引き締まったレースになることが多い。桜花賞からの流れで短距離馬が参戦するから?謎。当初前日は雨予報だったが降らず、日曜当日も降らない予報なので良馬場開催。

◎ リリーピュアハート
〇 ミヤマザクラ
▲ デアリングタクト
△ ホウオウピースフル
△ ウインマリリン
× デゼル
× クラヴァシュドール
× サンクテュエール

買い目は馬単裏表◎ - 〇▲△、三連単軸一頭頭固定◎ - 〇▲△×。

難しい。点数多すぎ問題。今年も前の馬がペースゆるめなそうな雰囲気で 35.2 - 35.2 の上り最速 34.0 ぐらいで 2:25.0 前後と予想。◎はリリーピュアハート福永騎手を抜擢。前走負けているが馬場よりかはペースが緩すぎたせいに見える。前々走で東京 2400 の試走できた点は大きい。後傾ラップでは余裕の着外なんで予想通りミドルペースで頼む。対抗は同じく藤原英厩舎のミヤマザクラ。血統的に中距離はこなすので桜花賞よりはここ。▲にはその桜花賞を完勝したデアリングタクト。底を見せていないしエルフィンステークスの勝ちっぷりから化物の可能性を考慮して。血統的にもギリギリ距離は持ちそうというかサンデーの 4 × 3 持ってるのかこいつ。△は二頭でフローラステークスの一着二着、ウインマリリンとホウオウピースフル。ウインは親父じゃなくて倅が乗った方が良かったと思うが騎乗停止ではしかたがないし、前走メイチ感があっても血統的にも距離伸びてよさそうなので。ホウオウも同じく距離に不安がなさそうなのとたぶん、前目で競馬するんじゃないかという読みから。このフローラの二頭を本命にしない理由は激走の反動があるのではと。そして久しぶりの×印はまず無敗馬のデゼル。終い堅実だが緩い流れでも後方からの競馬しかできず、ここではラップに戸惑うかもしれないのでこの評価。次にクラヴァシュドールはこの世代の実績馬で大崩れはしないし鞍上も大一番に強い。とはいえこれまで足りていないのも事実なわけで、距離適性にも疑問があり三着までの評価とした。最後にルメール騎手のサンクテュエール。前走は馬場のせいだろうけど、シンザン記念の内容からそもそも地力がどうなのか。距離は問題ないだろうと思うので×とした。

切った馬で気になるところはまずアブレイズ。無敗馬なんだけど流石に時計が緩すぎる。阪神 JF の 1 番人気リアアメリアは正直わからないが別に積極的に買える要素もないので。忘れな草賞勝ち馬のウインマイティーは府中未経験であるのと終いのキレ不足。マジックキャッスルは脚質と母系の距離適性から。桜花賞までは買い目に入れてきたウーマンズハート、馬場のせいとはいえ前走負けすぎだし母系からは距離も厳しい。まあ追い込み脚質はそもそも最近の G1 では無理だよねという。マルターズディオサもマイルなら世代上位もここは距離が長い。

先週固いところをようやく当てただけなのに早速調子に乗っている。今週は当たらない自信がある。


(17:00)