終活

2020/02/25

タイトルは適当。相続で農地を持たされたものの、そもそも東京に帰るし仮に地方いたところで何もするわけがなく知人に譲渡しようと考えていたが失敗。

boueki_tairitsu_nouka

農林水産省 [maff.go.jp]によれば様々な制約がある。具体的にはこれ [maff.go.jp]。簡単に言うと五千平米以上の農地を所有し品行方正でやる気ある農家のみ許可する、となる。”品行方正”とは、一言でいえばちゃんと農地を農地として活用していること、なのだが一般的に割と引っ掛かるらしい。田んぼや畑の隅に物置小屋なんか置いている人は多いが、これも登記上農地になっているところであればアウトだそうだ。さらに実際に売買の認可を出すには、売り手と買い手が農業委員会に集合し面談が実施されそこで OK とならなければならない。難易度たけえ。そりゃ耕作放棄からの荒廃農地が増えるに決まっているわな。

んで今回はどこで引っ掛かったのかというと品行方正。譲渡先の知人が元々住居に隣接する田んぼを持っていて、ただしそれをおそらく数十年前から住居エリアの一部として使っていた。「これをちゃんとしてもらわないと無理ですね~」とにこやかに言われてしまった。いやーこれは無理だろうな。。宅地に転用するしかないだろうが、農業委員会のおじさんがこれまたにこやかに「簡単じゃないですよ~」と言っていてそうだろうなあとしか。耕作放棄するしかない農地を面倒見てやるよって言ってくれる知人がいるのになあ。

他の知人も調べてもらったところ、こちらも畑となっているエリアに小屋があってだめだと。ううむ。それでなくても譲渡対象の農地が二つの行政区域に分かれていて二度手間でつらいのに、そもそも許可のおりる譲渡先が見つからないなんて。

(17:30)

2020/02/05

20200205_104642

子供の頃はテンションが上がってそのうち飽きて寒くなり結局テンションがさがる雪。大人になっても東京にいるころは色々大変でも自分の仕事や生活に影響がないせいもあってうきうきしていた。

しかし地方生活においては雪かきが重労働すぎてやばい。無職だからいいものの普通に働いている人たちは大変だろうな。まだ降り続いているので出かける前にもう一回雪かきかあ。

(11:27)

2020/02/03

亡き父の学生証と学生手帳が出てきた。もう閉校 [tdu-koyu.com] してしまったようだが東京電機大学 [wikipedia.org] が運営していた専門学校のようだ。学生手帳を見ると今でいう夜間学校のような時間割になっている。へー。さらにいえば教職員全員の氏名住所、電話がある人は電話番号まで載っている。時代が違うんだなあ。

イラスト

年次を見ると地元の工業高校を終わった後に二年ほど働き、その後本校へ入学したらしい。卒業証書は見当たらない。つーか俺と全く似てない顔写真が衝撃。こういうのを取っておくような人だとは思わなかった。ちなみに自分自身のこういった類の書類は既に廃棄済み。終活は着々と進行している。

(17:00)

2019/12/03

2018 年 9 月の発見時ですい臓がんステージ 4 肝臓への転移アリから 14 カ月、体力的に投薬治療も厳しくなりがん治療の停止が 11.月。雰囲気的にもだいぶ元気がなくなってきておりついに緩和ケア病棟に入院することになった。素人の見立てだと年は越せると思うんだけど。治療をやめた時点で先が見えてくる話であり、あとはその時がいつになるのか。予定が立たないのが個人的には最もつらい。

bg_hospital_room

しかし入院時の保証人やら身内やら必須のこのシステムはいい加減やめてはどうか。少なくとも俺が入院するときは保証人は立てられない。東京のほうの施設だとめっちゃ金を積むことで解決するようだけど。しかも一応期限付きというのがまた大変。さてさて。

(17:30)

2019/09/16

無職生活を三か月ほど満喫してわかったこと。それは、地方では退屈だあっても自分の性にあいすぎていてやばいということ。東京で無職で生活できたら社会復帰はまず絶望的。もう一年ぐらい無職なんじゃないかと錯覚するぐらい生活に慣れてしまった。

syukatsu_mensetsu_man

当然、大前提として経済的に問題ないことが必要。俺の場合は若干のストックがあるので今はそれを取り崩しているわけだけど、フローはマイナスなんで二年くらいたつと生活困窮モードになる。個人的な見立てでは今年のうちに色々めどがついてオリンピックが終わったあたりで東京に帰る算段だった。しかし。先日父と同じ病で亡くなった親戚の推移や、父の現状を鑑みるに少なくともオリンピックは問題なく越えられると考えてよさそうだ。これだけであればまだ無職モード継続でよいのだが、株取引の成績が悪く、先々の余力を見て就職活動を開始することにした。まずは前職に近い業務内容で、金銭的な条件は正直フローがプラスになればよい程度。というのも地方においてそもそも選べるほどの会社はなく、現住所からの転居も含めて進めている。

問題は朝何時から何時までというサラリーマン生活に、果たして復帰できるのかというところ。この 10 年ぐらいは完全裁量だったし 15 年ぐらいは私服通勤だった。またスーツ買わないとだめか。

(17:30)