VR/AR

2019/10/15

新しいデバイスというか、いわゆる AI スピーカーの異なる形態というか。3D 投影じゃなくてもそこそこ使えると思っている。

20191015_133138

しかし、陽光の射す時間帯に明るい場所で使うのは想定外なんだろうなという気配。やっぱりこういう利用者は夜、暗い部屋でというイメージなんだろうか。

20191015_145558

とりあえず納品用の段ボール箱に入れておくことにより多少の改善に成功。こういった部分で出来そうなのは、液晶部分の出力を上げて周りのアクリル?のところに反射防止系の加工いれるとかフィルム張るとかかな。個人的にはそんなことより次は断固 3D 投影にしてほしい。断固。
あと音量調整はついてるけどマイク感度の調整もあってよかったのでは。もしくは、入力端子をつけるか。結構大きめの声ではっきり言う必要があって、マンション暮らしか家持ちの人はいいけど賃貸アパートの人には使いにくい。

既にいくつかリリースもでている通り、サービス面ではこれからという印象。
とりあえず既に始まったところでは Gatebox Video、 ニッチ市場向けにはいいデバイスだと思う。ただ現状では色々足りなくて、Gatebox が使いにくいだけのプレーヤーになっているので今後に期待。いくらなんでも QR 経由の操作(それも再生のみ)しかできないなんて昭和かよってなる。

そして元々の本題、逢妻ヒカリ。今のところ音声認識は上々。受け答えはまあ、まあ。会話を成り立たせるには人間側がかなり鍛えないと難しい。言語認識とか解析って日本語の AI はどんなもんなんだろうか。いわゆる人口無脳の頃でも知識カテゴリを絞ることでそれっぽい会話できるのがあったような。月額課金なのでこのへんもこれからなんじゃないかなあ。
あとメタっぽくても自分自身についてはちゃんと説明してほしいな。わりと発熱ありそうだから消費電力いくつなの?って聞いてもわかんないと返してくるのは仕込みが足りない。自分自身の音量調整とかも受け付けて欲しいし。あとは最近の AI スピーカー盗聴問題などを省みるとオフラインモードも必要なんじゃないか。対処するには電源ボタンをなんと 10 秒?とか長押ししてシャットダウンする必要があって不親切。オフライン状態は想定外なんだろうなあ。音声認識も構文解析もサーバ側だろうし。そのへんを閉じた端末内だけでこなせるようになるのは次世紀なんかな。

まあ、めっちゃ取り急ぎ。

追記:
現状ではハードウェアとしての Gatebox のほうが期待値高そう。提携サービスなどからすると。
ではソフトウェアとしての Gatebox とはなにか、というと逢妻ヒカリであって本当はこっちが本線なんだけど多分まだ難しい。
前も少し触れたけど UGC としての目もあるんだよなあ。今なら音声も合成できるし AI 系の API もお金かかるけどあるわけで。twitter でメルクリウスプリティと言っている人もいるしそういう育成というか成長していくコンテンツの主要デバイスに成り得る。確かにちょっと高いけどさ。それを言ったらフィギュアにしろドールにしろ安くはない。
なんかあと入力インターフェイスとして音声と QR しかないのはどうか。スマホからくるとタッチ入力できないのは相当大きな壁な気がする。俺としては触ると汚れるのでジェスチャー入力みたいなほうが嬉しいけども。アイコンタクトさせろ。


(15:43)

2019/09/26

20190926_192946


ついに来月正式リリースの運びとなった Gatebox。そういえば使わな過ぎて Clova 処分してしまったけどどうしようかな。カテゴリ VR/AR は違うような気がしている。生活家電も。

現状デバイスに強く依存しているだろうけど、いずれ規格化してキャラクターのサブスクモデルで商売するようになるんだろうなあ。HW は色んなメーカーの色んなデバイスあったほうが楽しい。そんでいわゆる MOD を受け入れられる実装をとればかつてのデスクトップにいたさ〇ら改め何〇改め伺〇みたいな目もある。VR 方面だと FB の Horizon みたいな、セカンドライフ 2.0 もどきとも親和性高そう。

(19:42)

2019/01/10

https://vr-lens-lab.com/
おすすめ。必要なものはクレジットカードと眼鏡を作った時のレンズ度数表みたいなのだけ。

エースコンバット 7 発売が近い‼ そして解像度やリフレッシュレートあげられるなら Steam のがいいよなあと思っていたところ、なんと VR は PSVR だけと聞いて悩んだ末に PS4 版を予約した。で、さっきニコ生で電撃の人たちが発売前配信をやっていてコメントで何人か「メガネがなー」みたいなことを言っていたので書いておこう。

日本語記事だと このへん? なんかもっとあった気がしたけどまあいいや。

20190110_222243

こんな感じで鼻のところさえあえば、ツルは気にならないやーつが購入できる。これは汎用というか、PSVR 用に買ったやつ。ツルの部分がゴムバンドになっておりゴーグルとは干渉しない。

この VR lens lab、元はというと HTC Vive 用にレンズのアタッチメントを買ったのが最初。わかにりくいと思うけど、内側にはまっているレンズは本来ないやつで後から追加した度つきのもの。うん、最近使ってないのがばれる汚さだな。

20190110_224438

HTC Vive 用の使用感は、結局ゴーグル外したりつけたりすると都度メガネかけたり外したりで微妙。だが VR に専念している時はとてもよい‼ で、PSVR 用に安っぽいのも買ったんだけどこちらも個人的には十分。普段の眼鏡だと完全にゴーグルと干渉してしまい悲しい気分になるわけで。Vive 用より評価が落ちる点としては、完璧な調整が出来ていない(鼻の高さや目の焦点位置とか)せいもあって長時間やってると目が疲れること。

ちなみに HTC のは顔にピタッとつくようなゴーグルでメガネとの相性は最悪だけど、PSVR はよく考えたなあと思うデザインで上から吊るして支えるので案外メガネでも気にならないはず。俺は気になったけど。

いやでもほんと、VR は万能ではないけど楽しいので是非。

(23:10)

2018/12/26

20181226_173522

待ってるぜ。


それはそうと、暗くて写真も何もないけどアルトワークス2型ねずみ色取ってきた!うひょー、試乗もせずに買ったけどやっぱりAGSいいなあ。

(19:13)