2020/12/26

一年の集大成、有馬記念。昨年は当然のようにアーモンドアイで外れ。中山の 2500 はなかなか難しいコースで府中 2500 勝ったからと言って合うかというとそんなことはなく、菊花賞や天皇賞春の長距離、そしてぼこぼこ馬場できつい競馬が多い宝塚記念との関連性が強い。今年は中山未経験の中距離馬が多くて非常に難しい。欲をいえばコントレイルが出ていればなんと菊花賞馬四頭が揃う夢の菊花賞記念だったがさすがに無理というもの。

◎ フィエールマン
〇 ワールドプレミア
▲ クロノジェネシス
△ カレンブーケドール
△ オーソリティ

買い目は馬単裏表◎ - 〇▲、三連単マルチ◎ - 〇▲△。

ペースは馬場次第、ただキセキかバビットが行ってそれなりのラップにはなりそうだ。落ち着いた流れになるようなら 30.5 - 35.5 の上り最速が 34.5 ぐらいで 2:32.5 前後、前が速くなるなら上り最速が 35.0 ぐらいの 2:31.0、スローの後傾なら上り最速 34.0 の 2:35.0 あたりまで。

本命はフィエールマン。一昨年の菊花賞馬で昨年の本レースは四着。この秋まだ一叩きというのがいい。天皇賞秋では上り最速をたたき出し、昨年より状態はいいだろう。対抗は昨年の菊花賞馬ワールドプレミア。同じく昨年の有馬記念も走っていて三着で本命馬に先着している。奇数の内枠はあまりよくなさそうだがお手馬にしている鞍上に期待。単穴はエリザベス女王杯ではなく秋盾に挑んで三着のクロノジェネシス。距離はちょっと不安だがこの春の宝塚記念を勝っておりこの舞台もこなせると判断した。抑えにはカレンブーケドール。切れ味では劣るが先行したらしぶといところと、グランプリジョッキーを配してきたあたりが勝負気配。もう一頭はオーソリティとした。アルゼンチン共和国杯を快勝してきた三歳馬で坂も距離も苦にしない。二歳のレースで参考にならないかもしれないが昨年のホープフルでコントレイルに完敗していて、あまり馬場が荒れているとよくない気がしてこの評価。

切った馬で気になるのはたくさんいるが、まずブラストワンピース。前走もこの馬なりに走っているし鞍上だって今年の関東リーディングを争う一人だが、上位争いをするにはハイペースで消耗戦になることが必須だろう。そしてそうはならないと思う。それからラヴズオンリーユーは荒れた馬場がよくなさそうな上に初中山。キセキは過去二年がともに五着、力はまだあると思うがこの秋四走目でお釣りはなさそうだ。人気の一角ラッキーライラックは宝塚記念の敗戦を見ても荒れた馬場は合わないし、距離も長い。その宝塚記念で三着に滑り込んで穴党を喜ばせたモズペッロ、順調ならここも面白かったがぶっつけはなあ。最後は個人的に実力を買っているユーキャンスマイル。なんと 18 戦もしているのに中山が初。距離は問題なくても今年の秋はいまいちだし手が伸びなかった。

!!日曜追記!!
馬場がきつそうだしオセアグレイトから菊花賞馬とグランプリホースへの馬単を追加。本当は予想をかえたかったが前日で買っちゃったから仕方がない。
◎ オセアグレイト
〇 ブラストワンピース
▲ クロノジェネシス
△ ワールドプレミア
△ キセキ
△ フィエールマン



(17:00)
予想


逸走ワロタwwwwwwwwwwwww



それ以上の言葉がない。前半スローの手ごたえもよさげ、これはいいだろうと思っていたら外にふくれて外ラチに向かってしまった。道中ラチ沿いに寄せるのも苦労している雰囲気ではあったが。

レースはそういう面白事案もあったがスローで流れた割に終いもかかった感じ。勝ったダノンザキッドは終始好位につけ外を回りながらもきっちり。逆に二着のオーソクレースは一枠から終始内を回る無駄のない騎乗でしっかり。三着のヨーホーレイクは後ろからの競馬でスムーズに外に持ち出したまでは良かったが今日の馬場では伸びきれなかった。四着タイトルホルダーは先手もとれそうな感じだったのに控えたのは結果的に正解か。単穴指定のアオイショーは七着、見せ場は作れなかったが今日の馬場ではまだ見限るには早いだろう。

まあ気を取り直して有馬記念。





(15:49)

2020/12/25

今年は 27 が有馬記念にとられてしまって 26 日の開催。どうやったって競馬終いは東京大賞典なんだからさっさと諦めて一月開催にでもしてほしい。中央は有馬で年の暮れを味わうものだろう。それはさておき、この時期の中山 2000 は二歳馬にとってかなりタフな設定だ。距離だけでもきついところに四つのコーナー、そして急坂がある。去年は中山適性を軽視した結果見事に外れ


◎ ランドオブリバティ
〇 タイトルホルダー
▲ アオイショー
△ オーソクレース
△ ダノンザキッド

買い目は馬単裏表◎ - 〇▲、三連単マルチ◎ - 〇▲△。

今年も例年通りの時計と思うが、ルメール騎手が後方に控えそうでやや後傾ラップの 36.5 - 36.0 で上り最速 35.5 の 2:01.5 ぐらいと予想する。狙いは四角で前にいる馬。

本命は絶好枠から番手にいけるランドオブリバティ。コース実績があり、今回はダートの二頭が前にいけば楽な競馬ができそう。三浦騎手中央初 G1 のイメージがわかないことだけがマイナス。対抗は同じく好位につけられるだろうタイトルホルダー。枠はよくないが中山 2000 は最初のコーナーまで遠いしきにならない。単穴にコース実績があり前走抜群の脚を見せたアオイショー。追走に苦労しそうだが前掛かりになって先行勢の脚が止まれば一発あっていい。抑えにまずルメール騎手のオーソクレース。マリアライトの仔というだけで買いたくなるし血統的には中山も合いそう。ただこの時期の中山は切れ味では勝てないし坂が気がかり。もう一頭は一番人気と思われるダノンザキッド。前走を +24 で楽勝しているあたり素質は高そうだが、距離と初コースである点がマイナス材料。

切った馬ではまずヨーホーレイク。兄弟に活躍馬も多く、距離適性はあると思うが少頭数の緩いレースしかしておらず初の輸送も入る。悩むところだがきり。次にアドマイヤザーゲ。兄にロジユニバースがいて同じ牝系にディアドラもいるので当たりなら強いかもしれない。が、中山よりは府中かなあというのと前走快勝も 2000 はちょっと長いと思う。


(14:30)