2021/04

2021/04/18

リアルタイムで見たあとすぐに外出してるのでパトロールは見てない。まず想定より馬場が悪かったなあ。あれだと外回すにしても直線入り口で番手にいないと厳しい。

エフフォーリアは強かった。

本命のグラティアスは道中はまずまず、ただ勝負どころで押し上げていけないあたりは馬場なのか地力なのか。外々の競馬だったが直線ちょっといけそうな雰囲気みせつつ伸びなかったなあ。残念。
まあなんか内で同じ位置にいたルメール騎手がやっぱこいつうめえなって騎乗してて悔しい。

勝ち馬全切してる時点でうんこだったな。うーん。

(20:32)

2021/04/17

昨年はコントレイルを軽視して完敗。今年は絶対軸不在という感じで桜花賞に続き混戦模様に見える。基本的に同コースの弥生賞組が中心。土曜日の雨で馬場は完璧な良ではなくとも良発表だろう。


◎ グラティアス
〇 タイトルホルダー
▲ ダノンザキッド
△ ラーゴム
×  ヨーホーレイク
× レッドベルオーブ


馬券は馬単◎ - 〇▲△、三連複◎ - 〇▲△×。

弥生賞ほど緩くはならないと思うがスロー、後傾だろう。前目が欲しい馬はそれなりにいるものの無理にいく感じもせず、おそらく馬場も内は荒れてきているはずでむしろ外目のいいところをとりたいという感じ。36.0 - 34.5 ぐらいで上り最速 34.5 の 2:02.0 前後と予想。

本命はグラティアス。母系はマイル寄りなもののレシステンシアの母で、底力には期待できる。絶対的な切れ味はなさそうなので中団より前の競馬が必須。もちろんここまでの時計はゆるっゆるに緩く、流れについていけるかが課題。対抗は弥生賞馬タイトルホルダー。前走の競馬から見てもうまく乗りさえすれば勝ち負けできる。単穴にダノンザキッド。あまり切れる脚があるイメージではないが、負けた弥生賞含めてここまで全て上り最速。ここも掲示板は固いだろうし、一叩きした上積み次第では勝ち負け。抑えにラーゴム。中山未経験だが相手なりに走りそうで、この枠ならダノンザキッドをマークしながら乗れるのでそのまま差のない競馬ができそう。三連の紐にまずヨーホーレイク。この馬も全戦で上り最速を出していて実力はたしか。ただ鞍上の乗り替わりがマイナスだろうとみてこの評価とした。最後にもう一頭、大外のレッドベルオーブ。マイルであれば中心視するところ。この枠だと後ろから進まざるを得ず、後傾ラップの流れでは厳しい。


切った馬で気になるところ。最内アドマイヤハダルは鞍上人気だろう。前走の時計は評価できるものの一気に相手が強くなるここでは微妙。中山未経験もマイナス。無敗馬でもあるエフフォーリアは緩いラップの中で先行しているとはいえ上り最速をとれていないのが気になる。こちらも中山未経験でマイナス。最後にディープモンスター。安定した戦績と色々なペースでも自分の競馬が出来ている点はとてもいい。ただここでは上位と決め手が違うのでは。



(17:00)

2021/04/11

予想はこちら

速い。速すぎる。白毛馬ソダシ快勝。

前半 56.8 で残りが 34.3、頭 3F が 34.1。速い、速すぎる。今日の馬場は高速馬場で忘れな草賞も速かったが、にしても。

勝ったソダシは素晴らしいスタートから番手を確保。途中でメイケイが仕掛けても動ぜず、完璧な競馬だった。最後息が上がっていたところや血統からも距離はこのへんが限界かな。オークス、出てくるだろうか。二着のサトノレイナスは逆にスタートで遅れたんだけどルメール騎手がうますぎる。すぐに真ん中らへんによせてコーナーでは芝のいいところぎりぎりまで内に入れて、直線外目に出しつつ前のデムーロ騎手が内に合わせに行って伸びるとみるやクロスするように外に持ち出して追い出す。このコース取りがなければ二着にはきていない。スムーズすぎてびびる。三着はファインルージュであまり評価していなかったが今日の壁職人はお休みだったようで、内々からソダシを見ながらその外で追い出していて文句なし。ただやはりあそこから爆発できる脚はなかった。四着アカイトリはこの馬なりには頑張ってそうだが、道中もう少し息抜きたかったんじゃないか。追い出してから左によれていったあたりはこれからの課題だろうなあ。

そして五着が本命のアールドヴィーヴル。今日の流れであの位置だと厳しい。力は出し切ったと思うが、決め手はだいたい底が見えたかなあ。距離伸びてよさそうだし今後も期待はする。

やっぱり勝負にいったかという岩田騎手親父のほうはこのラップじゃ仕方がない。

それから面白いというか笑ってしまうのがメイケイエール。横山典騎手でもだめか。レースを見ている時はいつもの横山典騎乗だな、さて、なんて思っていたぐらいだったがパトロールを見て爆笑。スタート、出遅れたくせに首を左右に振って制御不能状態で他馬を押しのけながら前に前に。このラップであの上がり方だとハロンタイム 10 秒台の脚をわかわからないところで使っていそうだ。鞍上もしょうがないので外目方向に出して好きにいかせたら案の定。スピードがどうか、というのはあるけどこの気性は夏の新潟千直で見てみたい。

(17:30)

2021/04/10

昨年の予想はこちら。デアリングタクトを切るという暴挙に出てしっかり外している。でもちゃんとここを勝つようだとめちゃ強いよ、と書いてあるのでセーフ。牝馬クラシックの第一関門、桜花賞。阪神マイルは現在ではわりとまぎれのないコースだが、かつては魔の桜花賞ペースという言葉もあった。そういえば近年になってスピードで押し切るような競馬はない気がする。天気良し、馬場もまず良馬場。混戦模様。

◎ アールドヴィーヴル
〇 アカイトリノムスメ
▲ サトノレイナス
△ ソダシ
△ ククナ

買い目は馬単裏表◎ - 〇▲△、三連複◎ - 〇▲△。

阪神 JF と同程度の時計と見る。35.0 - 34.5 ぐらいでやや後傾。上りはもう少し早くなって 33 秒前半、 1:33 前後。凄く速い馬がいないわりに前が落ち着かない流れは変わらないんじゃと思っている。トライアルのレベルがどれもイマイチで JF 勢が中心なのは仕方ない。その上位二頭がトライアル使わずぶっつけで来たせいもあって予想は難解になった。

本命はアールドヴィーヴル。前走輸送で減らしたのか、明らかに馬体は足りない中でよい競馬をした。万全であればまとめて差し切る力はある。キンカメ×ディープの配合も王道ど真ん中、鞍上デムーロ騎手もこのチャンスは気合が入っているだろう。対抗にこちらはディープ×キンカメのアカイトリノムスメ。三冠馬アパパネの娘だ。兄弟馬にはまだ G1 馬はいないものの期待は高い。単穴はサトノレイナス。大外枠は正直あまりよくないと思う。出来が普通ならルメール騎手の手腕に期待。抑えにまずソダシ。白毛馬、レース中も見やすくていいし血統的に距離ここいらがギリギリだと思うのでがんばって欲しいが、JF ほどは楽には乗れないと見て評価を下げた。もう一頭はククナ。母親のクリミナルに突っ込まれて外したのを俺は根に持っているので外せない。


切った馬で気になる馬はまずストゥーティ。どんな位置でも自分のペースで走っている感じでここも力が足りないが、鞍上は逃げて一発狙いそう。それからここまでまともに競馬していないと評判のメイケイエール。武豊騎手負傷で横山典騎手に乗り替わりがどうか。スタート出たらいきそうだけど多分下げるんじゃないかなあ。それから不当に人気ない気がするヨカヨカはすんなりハナとったら掲示板はあると思う。ただここは前がごちゃつくと思っているので切り。一番迷ったのがソングライン。枠からいっても後ろからの競馬になるが終いは堅実、馬格があるのもいい。これまでのレースが楽な相手だし G1 の流れについていけるかというと微妙だなあとなったので切り。サンデーの 3×4 はどうなんだろうな。


(17:00)

2021/04/08

レバオン無演出で第一停止で夜背景のほむらのやつ。正確にはサブ液晶は赤セリフなんで完全無演出ではないが、完全にスライドストップしてしまった。


DSC_0250

もちろん日曜日で駆け抜け。ソウルジェム演出ないと弱いなあ。

(17:00)