2021/05/02

予想

ワールドプレミアか。菊花賞馬だし順当な結果だろう。しかし、思っていた以上によどみない流れだったなあ。最初の千で一分きって次が 61.5 秒。厳しい。13 秒こえるラップは一回あるものの前後半ともに 12 秒きるラップが並んでいてうーむ。勝ち馬は長距離適性を示したし二着がディープボンドになったあたりタフなレースだった。上り最速が勝ち馬の 36.7 で他 37 秒を越えている。ここまでの消耗戦は予想していなかったが、このパターン以外ではディープボンドは勝負できないわけで絶好だったんだろう。一番驚いたのが三着のカレンブーケドール。今日の流れで残すなんて強いし距離も全く問題ない。


本命のアリストテレスは道中好位につけて万全だと思ってみていたら向こう正面あたりからどうもいきっぷりが怪しくなって最後は余力がなかった。今日の時計だと控えたらもっとだめだったと思うし、力負けだなあ。対抗に推したディアスティマも完敗。

(18:00)

コメントする

名前
 
  絵文字