2022/05/28

さあダービー。金曜にまとまった雨が降ったものの、おそらくは良馬場の開催となる。府中の 2400 は先週のオークスと同じ。ただコース設定が違う?のかな。今回も距離実績のある馬は少ないため初距離となる馬も多い。


◎ マテンロウオリオン
○ イクイノックス
▲ ドウデュース
△ ダノンベルーガ
× ジオグリフ
× ピースオブエイト
× ロードレゼル

買い目は馬単裏表◎ - ○▲△、三連単フォーメーション◎○▲ - ◎○▲△ - ◎○▲△×。


前目につけたい馬が多く、スタート次第で展開は大きく変わりそうだ。デシエルトよりビーアストニッシドがハナにいきたそうではある。外枠の両外人の動きが読めないがポジションを主張するようだとそれなりに速くなるだろう。35.5 - 34.5 の上り最速 33.5 で 2:24.0 前後で予想する。


本命はマテンロウオリオンとした。距離はわからない。ただ末脚は確かなものがあり、前走の脚が 2400 でも使えればここも上位。展開の助けは必要で流れてくれないと大負けも。
対抗はイクイノックスとした。距離は伸びていいかと言われると疑問ではあるものの、大外で府中 2400 は前走より向く気がする。末脚が決まれば楽勝も。単穴にドウデュース。武豊騎手の乗り方とウマが合っている気がするし距離も大丈夫。抑えにはダノンベルーガ。距離はどうかというのはあるが、府中で強さを見せていてハマれば面白い。三連の紐には三頭、まず皐月賞馬ジオグリフ。もちろん結果を出した時点で強いわけだが、皐月賞はうまくいきすぎた感があり。距離もどうだろうということで評価を下げた。次にピースオブエイト。人気はなくとも無敗馬であり距離もいけると思う。好枠を活かして好位から粘りこめれば。もう一頭は外になってしまったのが厳しいものの距離実績もあるロードレゼル。勝ち馬を切ってなぜ二着を、となるだろうがそこは先週も謎馬を持ってきた鞍上に期待したい。


切った馬で気になるところはまずプリンシパル S 勝ちのセイウンハーデス。前走の分走れば時計的にはここも通用するはずではある。が、さすがに相手関係的に足りないだろう。次に青葉賞勝ちのプラダリアは特に悪いところがない。普通に買えるしいい気がするのだが、例年の青葉賞勝ち馬がだいたい同じ感じでだいたいこないので切り。それから馬名で話題のオニャンコポン。皐月賞で 0.4 差の六着は上出来と言える。ここも掲示板まであと少しといったところか。

(17:00)

コメントする

名前
 
  絵文字