ギャンブル

2021/09/09

いまだ通常時に引けず。


DSC_0367

チャンス目とあわせて +400 だったのでどっちかが 300 でどっちかが 100 だった模様。エピボ中の乗せは強いとかいう話もあるけどたしかにそうかも。


DSC_0369

なんかきゅうべえ出てくる奴。とりあえず自己ベスト。レア役引ければエピボなんだろうけどなあ。AT 中の設定差がよくわからなすぎて難しい。濃厚示唆見てるとやはり偶数は相当弱いし、どこかで設定差ないみたいなデータが公開されてたけど個人的には信用していない。設定 2 は本当に無理で 4.はまあ粘ればまだ期待できる。奇数が謎。6 は都市伝説。

(17:00)

2021/08/31

DSC_0366

確定画面でスイカを引いた図。エピボはきたけど穢れは足りず裏はいかなかった。当然だけど割に合わない。周りでは結構完走見るのに自分では引けないなあ。設定 6 が打ちたい。

(17:00)

2021/08/17

DSC_0362

まどマギ 4 初の中段チェリーは AT 中。演出弱いししょぼそうだと思っていたらその通りで +30 枚と赤ワルプルだった。まあこの機種はワルプルが出玉の全てだしまずまずの恩恵だろう。確率考えても。

(17:00)

2021/06/27

予想

クロノジェネシス、完勝、完全に力が違う内容。

想定と違って良馬場で時計もまずまず。35.1 -  34.7、上り最速が勝ち馬の 34.4 で 2:10.9。個人的にはもっと速いペースでいくもんだと思っていた。結果的に前残りの競馬で最近の G1 ではよくある展開だった。序盤、内枠二頭がいったのは当然としてキセキが前目つけてきたのは驚き。いい時だったらハナまでいってたかもしれない勢い。クロノジェネシスは絶好の位置、キセキが外からマークする形になって前が詰まると危ないかもなあと思ってみていたが無用の心配だった。二着は逃げ粘ったユニコーンライオン。軽視していたが、、長くいい脚を使えるし自分のペースで運べたのがよかったようだ。三着のレイパパレは控えた判断がどうかだが、力は出し切ったのではないか。最後競り負けたのは馬格の差もある気がする。四着は対抗にあげたカレンブーケドール。道中クロノジェネシスを見ながらの進行でもう少し前で競馬してほしかった。三コーナーで外からこられていかざるをえなくなったのもややマイナス。五着にはキセキが残して本当この馬は良く走る。


ちっちゃい馬でファンも多いメロディーレーンは後方尽きる。さすがに G1 だと明らかに力が足りないし、自分のクラスに戻って頑張って欲しい。


これで春競馬はおしまい。的中率を意識して買い方もかえてみたのに今年も全然当たらなかったなあ。夏競馬は新潟を少し買うだろうけど基本的には秋まで休み。

(17:14)

2021/06/26

昨年はラッキーライラックからいって外れ。今年はどうかというと面子的にはだいぶ落ちるし、どうやら天候も昨年同様で良馬場にはなりそうもない。ただ京都が改装中ということもあって今年の開催は変則なので一開催休みがあって例年よりは馬場の痛みはないかもしれない。

◎ クロノジェネシス
○ カレンブーケドール
▲ レイパパレ
△ モズベッロ

買い目は馬連ボックス◎○▲、三連単フォーメーション◎○ - ◎○▲ - ◎○▲△。

馬場は稍重、ただ昨年よりは状態がいいと見る。35.0 - 35.5 で上り最速 35.5 ぐらいの 2:13.0 前後。内枠二頭がいくものの、おそらくユニコーンが先手、番手にレイパパレ。無理する感じはしない。そのあとがごちゃつきそうでクロノジェネシスは理想は三番手だがどうか。 大外のキセキは控えるとみる。時計としては平均ペースも、馬場とあわせて実質後半は厳しい流れになりそうだ。


本命は昨年覇者でもあるクロノジェネシスとした。飛ぶならここだよなあとも思うが、リピーターレースでもあり先手を取れて馬場も不問、鞍上はルメール騎手となると買わざるを得ない。むろん海外帰りからの鉄砲がどうかという部分はあるが、近年ではあまり問題ではない気がしている。対抗はカレンブーケドール。G1 どころか重賞でも今一つ足らずに勝ち切れない。そういう馬が初めて勝つ G1 が宝塚記念。実績十分、この馬も馬場を問わない。単穴にはレイパパレ。前走大阪杯は馬場もあって圧勝、今回も天気は味方だろう。ただ上位二頭に比べて実績も時計も劣り、ここはこの評価が妥当と判断した。抑えというか三連の紐にモズベッロ。このウマ、とかく重巧者で体力があるので消耗戦なら。というか昨年三着馬でもある。


切った馬で気になるところはまずユニコーンライオン。近走、今年の競馬が別人のようによいしここも展開は悪くないと思うが上位馬が強すぎると思う。天皇賞春二番人気のアリストテレス、馬場がねえ。最後にキセキ、昨年は武豊騎手がうまくのって二着に来ているものの勝ち馬とは一秒離れていて今回は同じ競馬が出来たとしても前に他の馬がいるはず。

さあ今年の春競馬もこれでおしまいだ。今年は的中率を上げるとかいって、全然上がっていないのでここは馬券も安全寄り。


(17:00)