車関連

2021/02/25

アルトワークスのチューニングは一旦これでおしまい。ECU をレギュラー仕様とはいえ書き換えたので次は冷却系ということでこれ [rsrs.jp] に付け替えた。


DSC_0222


ついでにラジエーターもやった。この写真じゃよくわからないとは思うが。


DSC_0223


予定通り水温はかなり安定するようになった。まあどうせ真夏の渋滞には意味がないだろうとは思う。吸気温度もよい感じ。これで残るはタービン、キャタライザ、フロントパイプにセンターパイプ、マフラーか。マフラーがどうにもいい感じのがないんだよなあ。このまま車検二回ぐらい通過したら考えよう。

(17:00)

2021/02/02

水はじき悪くなったなあと思ったのでキーパーラボに持って行った。


DSC_0206

雨上がり。違うね。面倒なのでダイアモンドなんたらのコース。軽自動車にそんな金かけてどうするんだという説は理解する。でも仕方ないじゃん。

e3_luciferpv_10800661

ということさ。

ちなみに厳密に同じ環境で計測したわけでもないし完全に体感の話で、エンジンルームも掃除してもらったら吸気温度、水温ともに下がった気がする。

(17:00)

2021/01/19

すっきり。

DSC_0202

なんか駐車してて雨降った時に汚れる感じがひどくなってきたのはコーティングはげてきたってことだろうか。新車購入から二年。キーパーラボにでもいったほうがいいのかなあ。

DSC_0200

ところで前から気にしていたエンジンプラグ、見てたらうっかり買ってしまった。公式 [ngk.com] だと船便になって関税もかかるので素直に amazon で買った。




NGK スパークプラグ R2556G-8(No.91975) ホンダ N-ONE ミツビシ ランサー ダイハツ コペン スズキ アルト ワークス


写真が違うので大丈夫かなと思ったがちゃんと目的のブツが届いた。暖かくなってノーマルタイヤに替えるぐらいになったらプラグも替えよう。
 

(17:00)

2021/01/07

DSC_0192

なんというか、今月浜松アールズまでいってラジエーターとインタークーラー付け替えようと思っていたらコロナでそれどころではなさそうな。でも四月入る前にはやらないと。昨年 10 月に ECU を書き換えたあと、走っている時はともかく渋滞時の熱がやばくてエンジン水温は 95 度はりつき。車内にもエンジンルーム内の熱気が伝わってきて心配になった。プラグも番手あげたほうがいいのかやはり。でも吸気温度 20 度以下だと水温も 80 度ちょいしかいかないしでかぶりそうなんだよな。地方にいるときみたいに年 10,000km 余裕とかなら季節ごとにかえてもいいけど、たぶん今後は年 3,000km ぐらいだろうし微妙。使いまわしするか。R2556G-8 ってのがよさそうだ。

年始早々山中湖まで出かけてきた。初めて高速使って行ってみたらやはり早いし楽だなあ。帰りはいつもの道志みち。凍結してるかと思ったけど日中は全くそんなこともなく。キャンプ場にもぽつぽつ家族連れらしい人たちがいて、こんな寒いのによくやるなと思ったり逆に虫もいないし天気よくて夜空もきれいだしこの時期のほうがいいのかと思ったり。

(17:00)

2020/10/15

まあこれ [rsrs.jp] を入れた。

DSC_0154

状況としては吸排気は HKS のフィルターにかえたくらいでドノーマル。アールズさんでも 4WD AGS は初の案件でデータないんで今から作りますねーとなって一時間ほどかかった。普通は 30 分もかからない。

乗り味はだいぶ変わる。個人的なイメージで上のほうの回転域で上がるんだろうと思っていたけど全体的に吸気圧が上がっている様子。高速合流時に加速足りないなあと思っていたから、そのうちそれを確認したいがまだ先になりそう。普段乗りで大きく違うところはエンジンブレーキ。かなり効きが弱く調整される。アクセル戻しても CVT 並みに速度が落ちなくて最初は戸惑った。これは峠道で追試がいるだろう。

OBD 経由で吸気圧と水温は見ながら乗っているが、ノーマルより水温の変動が大きい感じがする。ラジエーターとインタークーラーは強化した方がよさそう。来年暑くなる前にはやるかなあ。

追記: ちょっと峠道を走ってきたらやっぱり全体的に太くなった印象がある。エンブレはちょい弱い調整ではあるけど気になるほどでもない。それより 4000 回転越えてからが違う。以前は 3 速でも上はちょっとなーだったのが 5000 ぐらいまではいい感じ。やっぱ違うもんだなあ。

(17:00)