PC

2021/12/07

前回ベンチマークスコアが落ちてしまってドライバかな、と思っていたのを MSI のチップセットドライバ入れて NVIDIA のドライバも更新して再度。

【CPU】Ryzen 5 5600X@3.67GHz(定格)
【MEM】DDR4-25600(3200MHz)-32GB x2(定格)
【M/B】MSI MAG B550M MORTAR WIFI
【VGA】NVIDIA GeForce RTX 2080 Ti
【VGA Driver】30.0.14.7247
【DirectX】DirectX 12
【 OS 】Windows 10 Pro 64-bit (21H1, Build 19043.1348)

【解像度】1024x768 最高
【 スコア 】254899

【解像度】3840x2160 最高
【 スコア 】126248


とりあえず 6800K のとき と同じぐらいには戻った。低解像度のときの水平方向のノイズは健在。

(17:00)

2021/11/16

完全に組みなおすのは五年ぶり。元々 2022 になってから DDR5 で作るぞーとかねてから宣言していた。AMD Zen4 は少し遅いし Intel Alderlake でいいだろうという算段だった。


DSC_0451

しかしなぜか届く Ryzen5。

それもこれも全て Alderlake が期待外れだったのが悪い。DDR5 は仕様上はもう少し性能でそうなもんだけどまだこなれていないんかな。ガチの高スペックはいらないので 5600X にした。Motherboard もお手軽価格の B550 で。今回は購入物全てツクモから。在庫ありしか選ばなかったのもあって翌々日には届いた。


DSC_0452

この PC ケースは 4000 円ぐらいで安かったけど配線を裏にねじ込めて好感が持てる。


DSC_0455


完成。GPU は以前のやつから使いまわし。完成版とはいえ自分としては初の水冷。ラジエーターとの結線まで最初からしてあるので楽ってことなんだが、水枕の取付に難儀した。基盤裏の部品とで挟み込む必要があり慣れていないのもあって一時間ほど格闘してしまった。CPU の OC するわけじゃないしこんなごついのは不要なんだけどつい。あと何も考えずに M2 の SSD も買ったんだけど Boot Device に指定できず結局元 PC の SSD で対応。ちゃんと調べて買わないとこういう失敗をするという実例。


さて、それはともかく PC が組みあがったのならば慣例に従いゆめりあべんちを回さねばならない。こんな感じ。

【CPU】Ryzen 5 5600X@3.67GHz(定格)
【MEM】DDR4-25600(3200MHz)-32GB x2(定格)
【M/B】MSI MAG B550M MORTAR WIFI
【VGA】NVIDIA GeForce RTX 2080 Ti
【VGA Driver】26.21.14.3200
【DirectX】DirectX 12
【 OS 】Windows 10 Pro 64-bit (21H1, Build 19043.1348)

【解像度】1024x768 最高
【 スコア 】231922

【解像度】3840x2160 最高
【 スコア 】119554

前回より下がってしまった。あとなんか低解像度だと水平方向のノイズ入る。うーむ。VGA ドライバ更新していないせいもあるかな。まあ Nox 起動も動作も速くなったし実用上は快適そのものだ。


(17:00)

2020/07/18

なんか届いた。

DSC_0030

ので早速開封の儀を執り行った。

DSC_0033

言わなくてもわかるだろうけど左が 8KX で右が HTC Vive 初代。こうしてみるとでかさの差がやばい。

DSC_0034

重ねてみるとこんな感じ。ちなみに重量も結構違う。

さてじゃあ Vive の代わりにしてみるかと試すもいきなり認識しなくてつまづく。あーまあドライバくらいはいるよな、と思いぐぐる。非常に男らしくマニュアル類は一切付属していない。reddit にも色々情報はあるようだがとりあえずマニュアルはこちら [fccid.io]PiTool [pimax.com] というのを入れる必要があるらしいので探して入れる。とりあえず PiTool 起動後に SteamVR を起動してみるもダメ。この類は再起動してからかということで再起動すると無事認識。映った!さすが、すげえ綺麗で笑うんだけど共有しようがなくて残念。

これで問題なし、と思いきや Vive controller を認識しない。SteamVR 側で Bluetooth 機能を認識できていないと言っている。いやしかし Base station は認識しているし HMD の動作はトラッキングする。怪しい。Bluetooth 自体はマウスもキーボードも利用しているので正常のはず。となると PiTool かなあと色々ググる。直接の答えではなかったがここ [note.com] で有線接続で何かするというのを発見し、なるほど有線であれば少なくとも認識はするだろうと試したところ、やっと PiTool 側でアクティブ表示になった。ところがまだこれではだめ。画面上では動作しないし、そもそも結線を外すといなくなってしまう。ええいこうなったら有線のままペアリングだ、ということで PiTool 側ではペアリング開始、Vive controller 側でもペアリング開始。これも動作状態が表示されなくて謎。まず最初の一つ目のときはひたすらずっと待っていたら見つからないよ!というエラー表示でだめかーと思うも、線を外してもアクティブのまま。認識している!ということで二つ目も同じようにしてひたすら待つ。すると今度は正常終了したらしい。こちらも結線外しても大丈夫。やった!

PiTool V1.0.0.260
SteamVR 1.13.10
Windows10 Pro 2004 19041.388

ちなみに Pi_server.exe というやつが外部アクセスしようとするので遮断してある。あと VR 未使用時でもこの exe がなんだか cpu を使っているので親の launcher から順に落としておいたほうが落ち着く。RTX 2080Ti でもディスプレイを DP 接続で 4K、8KX も DP 接続で実質 4K 三枚の出力になるので結構な熱がでる。PC 背面が熱い。8KX 側のリフレッシュレートは 75Hz だからまあなかなかきついのかもしれない。とりあえず初音ミクの VR 程度だと処理オチはしない。


使用感としては HTC Vive より大きく重いせいで頭に対する負荷はちょっと気になるレベルである。頭というか顔上部かな。それからメガネ人はレンズが強烈に近いので干渉する可能性大。俺の場合はこれを使うことでなんとかギリギリ。でもその程度の不便なら 8K のパワーで吹き飛ばせる。すげえよこれ。ちなみにメガネ使用者はメガネが HMD に当たる場合は無理に着用しないこと。俺はかつてそれで鼻の奥のほうを切ってしまって一月以上鼻血生活を送った。


最後に言い訳?みたいのを書いておくと無職の分際で何変なもの買っているんだ!というお叱りはごもっともなんだけどこれ、2018 年の kickstarter で投資したぶんだから。


(18:25)

2020/07/07

ふとサブ PC というかゲーミング PC 側のスペックを確認していたらなんとメモリが 8GB しかないことに気づいた。あれー。ということでじゃんぱらで中古の 16GB を二枚ゲット。

DSC_0011

初期不良はなさげ。まあとりあえず「ゆめりあベンチマーク」を最新の Windows 10で動かす方法、DirectX 9差し替え、ゆめりあパッチ [neko.ne.jp] あたりを参考にゆめりあを回す。特に問題なさそう。いやメモリベンチじゃないので特に意味はないのはわかってる。

【CPU】Corei7-6800K@3.40GHz
【MEM】DDR4-21300(2666MHz)-16GB x2
【M/B】ASUS X99-DELUXE II VER:1.1
【VGA】NVIDIA GeForce RTX 2080 Ti
【VGA Driver】26.21.14.3200
【DirectX】DirectX 12 DxDiag10.00.18362.0387
【 OS 】Windows 10 Pro 64-bit (10.0, Build 18363)

【解像度】1024x768 最高
【 スコア 】250202

【解像度】3840x2160 最高
【 スコア 】128721

Windows10 の新しいの来たら更新しようと思ってて、そしたら Nvidia のドライバも変えようと思っている。 追記: 最新のに更新したけど特にスコアは変わらず。

(17:00)

2020/06/30

引っ越し後に購入したバロン、普段は全くいらないんだけどぼーっと配信見たりチャート見ながら少し考えたりする時に頭を預けるのが欲しいと思ってうっかり購入したやつが届いたので早速取り付け。

20200602_110213

完成。色変えても良かったな。

20200602_112534

特にハマるポイントはないけど最初のロゴついてるネームプレート外すときに雑にやったら爪が一つ折れたのが失敗。あと力加減なんて人それぞれなんで表現として微妙だけどここ、

20200602_112212

この状態から前後をぎゅっと握るようにするとガチっとはまって、

20200602_112233

この状態になってから組み立て手順書にあるマイナス突っ込んで~の作業。車のピラーとかもそうだけど、こういう爪系は慣れていないと力加減がわからなくて悩む。ちなみに最初の写真にある通り可動式にした。左右はないけど前後と上下の調整が出来る。正解だった。

ちなみに Amazon にはなくて仕方なく楽天の公式ストアと思われるワーカホリックで買った。

バロン(Baron)【専用オプション】可動ヘッドレスト(スタンダードメッシュ)フレームカラー:ブラックorホワト【沖縄・離島以外送料無料】



(17:00)